水漏れの修理や工事を業者に依頼してからの流れ

水漏れの修理や工事を自分ですることはできますが、二次被害などのトラブルを予防する場合や蛇口 交換など相応の技術を要する場合は、業者に依頼をすることとなります。ここでは依頼を受けてからの見積もりまでの流れと、作業とアフターフォローについて紹介します。

■依頼を受けてから作業に入るまで

連絡をすると業者が来てくれて、水漏れの箇所を確認してくれます。その上で作業の流れと金額を見積もってもらいます。その際のポイントですが、電話連絡をした際の受け応えが良いところは信頼がおけます。現地に来る時間も正確かつ迅速な業者なら印象が良いでしょう。水漏れの箇所はもちろん、水道管全体を確認してくれる業者の場合は根本原因まで確認してもらえますから、安心して任せられます。見積もりで金額提示をする際にも、料金体系や作業の仕方などを詳細に説明してくれるかどうかが、信頼がおけるか否かを判断するポイントになります。


■作業に入ってからアフターフォローまで

作業に入ってからですが、常に立ち会う必要はありません。簡単な水道管の修理や工事のレベルならその場で対応してもらえます。水道管全体における大がかりな工事の場合は、おおむね日数を要します。その際に、作業後の報告を丁寧にしてもらえるかどうかも見ておくようにしましょう。その上で疑問に感じていることを質問して、丁寧にかつ分かりやすく答えてもらえる業者だと、アフターフォローも安心して任せられます。地元の業者の場合は地域からの評判を、全国展開している水道業者の場合はネットの口コミを確認することも一つの方法です。



■まとめ
水漏れの修理や工事が必要になれば、相応の技術を要する場合専門業者へ依頼することになります。作業前後を含めて迅速かつ丁寧な対応、明確な説明をしてくれる業者なら信頼がおけるようになるでしょう。第三者からの評価も確認の際おおいに参考になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ