水漏れの修理や補修は自分ですることはできるか

生活場面における水漏れの修理や補修が必要な場合は、業者に依頼することはもちろん、程度によっては自分でできる場合もあります。また、修理や補修はしなくても定期的なメンテナンスを兼ねて自分で管理することができると、水漏れの予防に繋がります。そこで、自分でできる水漏れの確認方法と応急処置について紹介します。

■自分でできる水漏れの確認方法

生活場面における水漏れの確認方法を2つ紹介します。1つ目は水周りにおける配管のある箇所で壁や羽目板がいつも濡れている場合です。2つ目は、受水タンクからの水が出ていないにも関わらず、ポンプのモーターが動いている場合です。その他、毎月の水道料金が高額になっている場合は、どこかで水漏れが起こり修理や補修が必要となっていることが懸念されます。時間のある時に水道メーターのパイロットが動いているか確認することも一つの方法です。各種点検やライフスタイルの見直しなどを自分で行ったうえで水道料金に変化が無い場合は、専門業者に確認してもらうようにしましょう。

■応急処置が必要な場面

水漏れが起こった際の応急処置の方法を紹介します。まずは水道の元栓を締めて、一時的に水を止めておきます。慣れていない方でも簡単にできますが、おおむね右に回すと閉まり、左に回すと開く仕組みです。その上で、水漏れが起こっている箇所の止水栓を止めます。ドライバー式など仕組みはそれぞれ異なりますが、開閉の仕方は元栓と同じです。
こうした上で業者に確認をしてもらい、修理や補修の流れとなります。





■まとめ
水漏れが直接確認できる場合は、元栓や止水栓を締めてください。道具が揃ったうえで簡単な部品交換程度の修理や補修を自分でしても問題ありませんが、専門業者に依頼をすることでトラブルが防止できる可能性が高まります。毎月の水道料金や使用していない場合のメーターを確認することも一つの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ